FAQ

Q1. 英語力は必要ですか?
講義は全て日本語で行いますので、基本的には必要ありません。現地学生との交流の場では英語を使いますが、完璧な英語を話せる必要はありません。
なお、将来のSVJUの本科目では、日本語から英語に徐々にシフトしていく方式を予定しています。


Q2. シリコンバレーってどんな場所ですか?
ハイテク産業や新規ビジネスを起こす上で世界で最も環境が良いとされる場所で、世界中から起業に関わるヒト、モノ、カネが集まっています。この場所で起業し、世界的に有名になった企業も数多くあります。


Q3. 事前準備期間の具体的な内容について教えてください
事前研修の目的は、以下です。

    シリコンバレーに関する情報を渡米前に把握、理解してもらう
    講師情報を共有して、それぞれの授業や訪問先に関して事前調査をしてもらう
    参加メンバーの自己紹介等を含め、参加者それぞれの思いや目的を共有しておくことで、訪米前からの交流を深める

具体的な日程とその内容は、以下を予定しています。

    1月10日~15日頃: 事前研修内容及びその日程を発表すると当時に、参加者リスト、暫定スケジュール配布
    1月15日~25日頃: 参加者プロフィール集、メーリングリスト and/or FB グループ作成、Skype 等によるメンバー間の交流会実施
    1月25日~2月25日頃: メールまたは FB による予習事項配信、講師および訪問先に関する分担しての調査、 グループ分けしての模擬プロジェクト(ビジネスアイデアを考え、3月に現地で発表する)
    2月中: On Line による講義もしくは日本での事前講義開催(実際の講義は大阪&東京で開催されるので、ON Line のみでの参加も OK)、ファイナルスケジュール配布
    3月1日: 米国での研修開始
    3月14日: フィードバックとしてのレポート提出



Q3. 現地ではどんな企業を訪問できますか?
現在調整中ですが、Apple, Google, Facebook, Teslaなど、シリコンバレーを代表する企業の中から選んで訪問する予定です。


Q5. IT系・理系の学生でなくても大丈夫ですか?
シリコンバレー=ハイテク産業と思われがちですが、様々な業種の企業があり、理系・文系に関わらず多様な専門分野の人たちが働いています。そのため、今のあなたの専攻はシリコンバレーでの学びには関係ありません。


Q6. 航空券の手配をお願いすることはできますか?
本学では「主体性」、すなわち自発的に行動する力を重んじています。そのため、現地の集合場所までの手配は自分でしていただきます。

Q7. 宿泊ホテルはどこですか?安全面の不安はありませんか?
Ramada Sunnyvale/Silicon Valleyホテルを予定しています。プログラム中は、ホテルから学校や各訪問先へは全て専用のバスで移動し、夜間に外に出ることなどはありません。